グッドリン・アルマニャック 仏雑誌「2016 Terrede Vins」に紹介されました!

20161111125828-0001

100年に及ぶヴィンテージを揃えるグッドリン社を絶賛した記事です。

グッドリン社ホームページにも掲載中です。

http://www.armagnac-goudoulin.com/

 

<掲載記事 和訳>

Terre de Vins, Nov/Déc 2016

メゾン・グッドリン社、100年以上続く歴史

アルマニャックでは、有名メゾンが絶えることはまずない。

最も古く、名の知れたメゾンの中でも、グッドリン社は第二の人生を歩んでいる。

Jeanne Goudoulin氏による長きに亘る経営の後、このガスコーニュのブランデーは2009年からアルザスの名蒸留所のオーナーであるMichel Miclo氏によって経営されている。

ポリネシアでオードヴィーを蒸留していたMiclo氏は、2000年代の初めにアルマニャックに心を奪われる。その後、現ディレクターであるCatherine Bouteloup氏がこのアルマニャックを任されることになる。
グッドリン社は品質に妥協することなく、伝統あるスピリッツを育て、希少価値のある武器を持つ。ヴィンテージシリーズだ。

それも、100年に及ぶヴィンテージを揃える。

「これが当社の富であることは間違いありません」Catherine Bouteloup氏が語ってくれた。「ですが、これが強い魅力となるのは、ワイン業者がお客様に15~20のヴィンテージを提示できた時です。

しかし、そのような品揃えをするにはコストがかかります。」このアルマニャックメゾンディレクターは解決策を見つけた。

「当社ではヴィンテージの100mlボトルシリーズを作りました。小さな木製の箱にはこのヴィンテージボトルを20本収納できます。

また、お客様にお買い上げいただくと、1本の700mlボトルも24時間以内にお届けします。」

超最速のマーケットサービスを提供することで、グッドリン社はそのオーセンティックさと希少価値をもって、高まる市場の要求に応える。

「我々は自社の歴史、ワインを語ることは決して忘れません」とCatherine Bouteloup氏は強調する。

 

 

 

Share Post :